デキる男は財布から違う!長財布の使い方|ビズメン

  • 在宅ワークのライター募集
45,568 views
2012年8月22日
デキる男は財布から違う!長財布の使い方

お金の出入り口である財布を大事にすることは金銭運アップにつながるといわれていますが、ビジネスの世界では「財布の選び方・使い方でお金を呼び込む力の有無が分かる」といわれているようです。ビジネスエリートの財布はどうなっているのでしょうか?

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
  

デキる男はこんな財布を持っている!

財布は所持金やカード類を持ち運ぶために欠かせないアイテムであると同時に、その人の金運を象徴するアイテムでもあります。
よく雑誌や新聞の広告で「金運がアップする開運財布」のような商品が取り上げられていますが、ああいったものとは少しニュアンスが違います。
財布を大事に使うことはお金を大事にしているのと同じで、財布に気を配り大事に使う人ほど金運が強くなっていくようです。

では、仕事が出来て高収入なビジネスマンはどのような財布を使っているのでしょうか?

デキる男は長財布を選ぶ

財布のデザインには、昔ながらのがま口やらコインケース、二つ折り、紙幣だけを挟んでおくマネークリップなど様々ありますが、一番金運アップに効果がありビジネスマンにふさわしいといわれているのが「長財布」です。

長財布は紙幣に折り目を付けることなく持ち運びできるので、紙幣にしわが寄ることがありません。
ピンッと角の立った新札同様の紙幣を持ち歩ける長財布は、お金を大事に使うことに繋がるのです。

紙幣・硬貨は財布を分けて持つ

長財布を使えば、紙幣にしわが寄らない。これはひとつの真実です。
しかし、紙幣と硬貨を同じ財布に入れておくと硬貨に圧迫されて紙幣にしわが寄ることもまた真実です。

紙幣をピシッとした状態に保つためには、紙幣と硬貨を一つの財布に入れないようにしなければなりません。
硬貨は小型の財布に、紙幣は長財布にというように別々の財布に分けて持つようにします。
硬貨用の財布は、出来れば中身が確認しやすいコインケースタイプのものを選びましょう。

カード類は必要なものだけを持つ

クレジットカードや銀行・信用金庫のキャッシュカード、ポイントカード、免許証など財布に入れておくカード類は山のようにあります。
しかし、カードも数が増えればかさばるし財布の見栄えを悪くしてしまいます。

財布に入れるカード類は、出来るだけ数を絞り込み必要なものだけを持っておくようにします。
クレジットカードなら頻繁に使うもの、キャッシュカードはメインバンクのものというようにです。
免許証などは財布とは別のパスケースに入れておいた方がとっさに取り出しやすくて便利です。

毎日手入れを怠らない

ただ長財布を使えば、向こうから勝手にお金がやってくるというわけではありません。
毎日使うものだからこそ、財布とお金に感謝の念を込めて大切に使おうとする心構えがお金を呼び込むのです。

財布は家に帰ったら必ず毎日手入れをして質を保つようにするのが大事です。
財布の手入れの仕方は材質によって異なります。「天然皮革」製となっていても、その革がどの動物のものなのかで手入れの仕方は大きく違ってくるので注意しましょう。

レシートは財布に入れない

買い物をするたびに貰うレシートは、その日の出費を正確に把握するために欠かせないものであり、後々の確定申告の際に必要になるものです。
しかし、紙幣と一緒に財布の中に入れていたのではお金の出し入れをするときに見栄えが悪く、人に見られたときに嫌な感じを受けてしまいます。
レシート・領収書は面倒でも、別の財布やケースに入れて持ち歩くようにしましょう。

このような細やかな気配りが、金運だけでなく対人運にも良い影響をもたらし、仕事での成功を引き寄せてくれるのです。

著者:渡辺芳樹

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
アイコン
学生時代からライターとして活動。小さな会社に就職したおかげで、ライター以外に、編集からWEBサイト製作など、幅広く経験。現在はフリーランスとなり、いくつかの会社と契約を結んで執筆活動してます。