「うーんどれにしよ」迷う方も多いハズ。休日出勤のときの私服マナー|ビズメン

  • ライター募集
2,710 views
2016年7月15日
「うーんどれにしよ」迷う方も多いハズ。休日出勤のときの私服マナー

休日出勤の際は、ビジネススーツではなく私服でいても良いとされているのが一般的です。しかし、あまりにカジュアルな私服では・・・と悩むこともありますよね。休日出勤に理想的なファッションはどういってものなのでしょうか?

Webライター、脚本家
  

休日出勤、私服に悩みます・・・

休日にカフェで新聞を読む男性

休日出勤のとき、悩ましいのが服装ですよね。大抵の場合、休日出勤は会社の就業時間外の勤務ということになるため、ビジネススーツではなく、私服で着て構わないとなっている会社が多いのではないでしょうか。しかし、いくら就業時間外である、と言われても会社に仕事をしていくので、あまりにラフな格好は抵抗がありますし、私服でもどの程度のものが適切なのか、と悩むこともありますよね。

カジュアルはどこまで許されるのか

トップスは襟が重要

休日出勤は私服、カジュアルなファッションで良い、といわれてもさすがにTシャツにジーパンといったようなカジュアルすぎる服装は適切ではありません。また、男性の場合は暑い夏などででも短パンは不適切です。アクセサリーなども、あくまで職場にきているのですから、控えるほうが無難です。

休日出勤で職場に来る際の服装の基本的なマナーは襟付きの服を選ぶというものです。襟付きの服は、カジュアルなものでも清廉性があります。そのため、着ていくトップスに迷った場合は襟付きのものを選んでおけば間違いはありません。さらに、ジャケットを着用するほうが良いとされています。ただし、ジャケットを着る際でも、中の服が丸首のTシャツやVネックのものは不適切とされる場合もあります。そのため、服装はジャケットのあるなしではなく、襟付きか襟付きでないかを基準に選んだほうが良いでしょう

また、Tシャツやジーパン以外の服装はしているけれど、やっぱり私服で出勤するのに不安が残るという人はジャケットを持っていくと良いです。出社して、自分以外の人がいて困ってしまった、というときに持ってきたジャケットを羽織れば、見た目もきちんとオフィスカジュアルなものに見えます。濃い目の色のジャケットなら、中のシャツが派手めなデザインであっても目立ちにくくしてくれます。 オフィスカジュアルの服装

露出度の高いものや派手なものは避ける

男性であっても、タンクトップやハーフパンツといった露出度の高いものは、休日出勤の服装としては適切ではありません。また、色やデザインも派手すぎるものは避けるように注意しましょう。基本的には黒やグレー、ホワイト、ベージュといったオーソドックスでシンプルなものがカラーとしては適切です。

下の服装

トップスは襟付きのものでさらにジャケットがあれば理想的だという話しはしましたが、ズボンや靴と言った下の服装はどのようなものが良いのでしょうか。下の服装もやはり、カジュアルすぎるものは避けましょう。

また、デニムやダメージジーンズ、スニーカーといった服装は少しカジュアルすぎるので避けたほうが無難です。靴はできれば革靴、またはレザースニーカーといったある程度ビジネス間のあるものが良いでしょう。

ただし、例外はある

ただし、休日出勤は私服がOKとされている場合でも、例外的な場合もあります。それは、例えば休日出勤でも顧客に会うといった場合です。こちらの会社が休みの日であっても、相手側の会社は営業日である、といったこともあります。そういったときに、顧客と会う予定があったり、またこちらから相手の会社へ訪問するといった場合は、きちんと普段の通り適切な服装であるビジネススーツを着用しましょう。

オフィスカジュアルを心がける

休日出勤の際の服装は、カジュアルなものでも「オフィスカジュアル」なものを心がけましょう。もしも、初めての休日出勤などで服装に迷う場合は、無地の襟付きシャツに濃い目の色のパンツを揃えておけば、ほとんどの場合は間違いのない服装になるはずです。また、どうしても私服が不安だ、という人は一番最初の休日出勤のときにだけビジネススーツを着て出勤をして、他の人たちがどのような服装をしているのかを見てみるのも良い手です。 悩んでいるビジネスマン

迷ったら職場の雰囲気に合わせる

休日出勤の私服に迷ったときは、襟付きのシャツを選び、ズボンはデニムやジーパン以外のものを。また、色はシンプルで落ち着いたもの。ジャケットがあればなお良し、という基本的なマナーを守ることが失敗がなくて良いでしょう。ただし、休日の出勤の際の私服ルールは会社によっても様々なので、まずは基本をおさえながら職場の雰囲気に合ったものを選んでいきましょう。

出典:
http://careerpark.jp/16570
http://careerpark.jp/43473

著者:草道 花

Webライター、脚本家
アイコン
美容から生活、サブカルチャーまでなんでも詳しいのが自慢、最近の悩みは正月食べ過ぎてダイエットに失敗してしまったこと、ダイエットのコンテンツを執筆しながら、自分でも実践するつもりです。