ビジネスファッションの基本!スーツの手入れ6ヶ条で寿命を伸ばそう!|ビズメン

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
5,764 views
2013年5月10日
ビジネスファッションの基本!スーツの手入れ6ヶ条で寿命を伸ばそう!

服装の手入れはファッションの基本。ビジネススーツもそれは例外ではありません。 古くなったスーツを買い替えるのは、高額なお金がかかってしまいます。余分な出費をしないためにも、日頃からスーツの手入れをしっかりし、出来る限り長くスーツを使い続けるようにしましょう。

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
  

長く着続けるためのセルフ手入れ6ヶ条

ビジネスパーソンの方は毎日着用すると言っても過言ではないスーツ。
スーツは新しく購入しようとすると、大変なお金がかかってしまいますよね。
少しでも長く同じスーツを使い続けたい。そのためには日頃の手入れが大切です。
こちらでは、長くスーツを着ていくために大切な、手入れのポイントをまとめました。

スーツは3着用意しておく

手入れの前に、スーツは3着程度は用意しておきましょう。
1着だけで毎日着まわすと、スーツの傷み方が早まってしまいます。
3着くらい用意して着まわしていけば、来てない間にスーツの手入れもできますし、クリーニングなどいざという時にも対応できて良いですよね。

帰ったらまずはホコリを落とす

皆さんはホコリを軽視していませんか?小さいホコリでも、ホコリが繊維の奥に入ってしまうと、アルカリ性であるホコリの性質も相まって、シミの原因になったり生地を傷める原因になります。
スーツを脱いだら、まずはブラッシングから始めましょう。それによって生地の傷みやシミの予防になります。

スーツにあったハンガーを使う

ジャケットをハンガーで掛ける際は、ハンガーは3~5mmと、厚めのハンガーを使うと型崩れしなくなります。それ以上細いか、逆にそれ以上厚いと型崩れの原因になりますので注意しましょう。
また、シャツをかける際は薄手のしっかりしたもの、スラックスは吊りタイプのハンガーを選ぶとよいでしょう。

ポケットから物を取り出す

スーツのポケットに物を入れたままにするのは、型崩れの原因となってしまいます。
忘れ物防止も兼ねて、スーツを脱いだら必ず取り出すようにしましょう。

スチームを当ててシワ伸ばし&除菌

アイロンを使ってスチームを当てた後、手でしわを伸ばすように軽く伸ばすと、シワを伸ばすことができます。
また、アイロンの熱を利用することによって、スーツに付いた虫や虫の卵が死滅しますので、除菌効果も期待できます。

スーツカバーを使う

スーツをクローゼットにしまう時、適当に掛けてしまっていませんか?スーツをしまう際も細心の注意を払わないと、湿気や静電気、虫食いなどで傷めてしまいます。
スーツを天敵から守るために、スーツカバーでしっかりカバーしてしまいましょう。特に夏用や冬用など、その季節に使わないスーツを仕舞う時は必須です。

著者:天地佑樹

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
アイコン
最近ではWEBライターとしての活動が多いですが、紙媒体のライターとしても活動できます。WEBであれば、自身のデジカメで取材場所や掲載したい物を撮影して、記事と共に掲載することも可能です。